ゼロから始める更年期障害入門│耳鳴りや尿漏れは初期サインが肝心

女性

ゼロから始める

アルツハイマーでも快適に過ごす工夫

アルツハイマーは経年によって徐々に脳細胞の数が減少してゆき、脳の機能や記憶に障害が現れる病気で、現在のところアルツハイマーの進行を完全に止める治療法は見つかっていません。しかしアルツハイマーの進行を緩やかにする事はできるため、進行を遅らせる治療法での対処が有効になってきます。アルツハイマーの治療として知られている方法としては、一般的に脳の記憶を司る神経細胞の間に流れる、神経伝達物質の分量を薬物で抑えて、過度に神経伝達物質が流れすぎないようにする方法が知られています。神経伝達物質の量を薬物で抑える事によってアルツハイマー特有の症状として知られている突然怒り出す症状などを抑える事ができます。ただ、人によってはこの神経伝達物質の阻害薬を使用しても効果的に症状が改善されない場合もあり、使用にあたっては状態を見ながら見極める必要があります。

知力の衰えを防ぐ効果的な治療

神経伝達物質の阻害薬で治療を行う事が難しい患者の場合、介護をする際に接し方を工夫するなど、その他の方法で治療を行う必要があります。例えば、有効な方法として注目を集めている治療法のひとつとして音楽療法が挙げられます。音楽療法には受動的音楽療法と能動的音楽療法の二種類の方法があり、受動的音楽療法は音楽や演奏を聴いて治療を行う方法、そして能動的音楽療法は実際に楽器を演奏して、改善に取り組むという方法もあります。この音楽療法のメリットとしては、家族や介護者などが連携して、誰もが楽しみながらアルツハイマーの進行を和らげ、加えて音楽によって精神状態を整える働きがあるため、継続的に介護をしやすい状態にできるというメリットもあります。