ゼロから始める更年期障害入門│耳鳴りや尿漏れは初期サインが肝心

女性

更年期にある尿漏れ

尿漏れ治療とそれにかかる費用

尿漏れは、更年期を迎える女性やそれ以降に頻繁に起こる症状です。意識していなくても不意に尿漏れを起こしてしまうので、専用のナプキンは欠かせないという人もいます。 これらの原因は、主に骨盤底の筋力が弱くなってきたことや女性ホルモンの減少などです。骨盤底とは内臓を支える筋肉ですが、加齢とともに弱くなってきます。出産経験のある人は特に筋肉が緩みがちになるので、注意が必要です。 この尿漏れを改善していくには、自分でできる筋力トレーニングも効果的ですが、病院でも治療が行われています。産婦人科や泌尿器科で治療を受けていくことができ、投薬や不足した女性ホルモンを補っていく内容です。これらは、病気として扱われるので保険が適用され、費用はそこまで高額とはなりません。しかし、状態によって通院が必要になるので、完治するまでに時間がかかる人もいます。症状が重たい場合は、尿道などの手術も考えられるので、医師の診察内容をしっかりと理解して費用を用意しておきましょう。

的確な治療で安心した生活を送る

尿漏れの治療は、正しく受けていくことで症状に悩まない生活を送ることも夢ではありません。中には尿漏れがいつ起きるのか怖くて、外出を控える人もいる位、深刻な人もいるのです。そんな辛い症状をなくすために、あらゆる取り組みが行われています。 まずは、理学療法として骨盤底を鍛えるためのトレーニングが勧められます。これは自宅などで行っていけるので、日々鍛えていくことで状態も少しは良くなってくるでしょう。そして、投薬で膀胱の筋肉の緊張をほぐしていき、女性ホルモンの補充で尿道の新陳代謝を良くして上手く機能させるようにします。手術では尿道周辺を補強していくものがあり、これで尿道が緩むこともなくなります。 このような取り組みで尿漏れを改善していくことができ、デリケートな問題なだけにいろいろと相談に乗ってくれるので安心です。